“自律神経”という言葉をご存知かと思いますが、その役割や機能はあいまいにしか知らない人も多いのではないでしょうか。

白髪にも少なからず影響するこの“自律神経”についてご紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

自律神経とは

体の臓器や機能の調整のために、休むことなく稼働している働き者の神経です。すべてを司っているといっても過言ではなく、自律神経が乱れると体調が崩れたりします。

交感神経と副交感神経

自律神経には、主に体の活動時に働く交感神経と、主に安静時に働く副交感神経というのがあります。この真逆の神経が拮抗しあって人は体を維持しています。この拮抗が崩れることを自律神経が乱れると言います。

交感神経

活発に活動する、緊張する、ストレスを受けるといったアクティブ状態の時に働いています。アドレナンが放出されいる状態です。交感神経が働いている間は、心拍数があがったり血圧が上昇ししたりするため、少しずつ体は疲労します。

副交換神経

休息をとったり、食事中や睡眠中といった活動的ではない時に働いています。交感神経と真逆の働きをします。心拍数や血液の流れは落ち着きますが、胃腸の働きなどは活発になります。

自律神経が乱れるとどうなるか

交感神経副交換神経拮抗して働きあうことで、体のバランスが取れます。交感神経でアクティブになった分、副交感神経は癒やす・・・といった陰陽のようなイメージです。どちらかが強すぎたり鈍くなってしまうと、体のバランスが崩れてしまい体調がおかしくなってしまいます。

 

自律神経の乱れの主な原因

睡眠不足からくる昼夜逆転生活ストレス、稀に疾患によるものもあります。なんだか白髪の原因に似ていますね・・・。

自律神経の乱れは白髪を増やす

自律神経が乱れると、体の代謝が悪くなったり良くなりすぎたり本来体内組織が休息するところでできなかったり・・・。こうなると、本来流れる血液が流れにくくなってしまい血行不良が起きがちになります。これは白髪の原因の1つになります。メラニンは血液によって作られるので、血行不良が起きればメラニンが生成されなくなったり、髪にまで栄養が届かず白髪が増えてしまうことが考えられます。

ですが、自律神経が乱れたから必ず白髪が増えるわけではなく、自律神経が乱れる原因と白髪が増える原因と似ているというのが関係があるように見える理由ではないでしょうか。特にストレスは、自律神経の乱れの原因にもなり、メラニンを生成する幹細胞にも悪影響を及ぼしますので白髪の原因にもなります。

具合が悪くなって、病院で“自律神経失調症”など自律神経の乱れが原因である診断をされた時には、白髪の予防を見つつ対策してみてください。

白髪の予防をすると自律神経の乱れもよくなるかもしれませんね。