白髪を染める?染めない?

白髪情報・おもしろ記事
2015年11月8日
オススメ記事

白髪が生えてきたら白髪を染める染めないか。

あなたはどっちですか?

白髪を染める人と染めない人の意見が掲載されている記事がありましたのでご紹介します。自分とは逆の選択をする人の意見もおもしろいですよね。

スポンサードリンク

白髪を染めない派

白髪染めを止めたことについて、ツイッターで「中年の道を歩む」と宣言している。

なるほど!“中年の道”というのはかっこいいですね。歳相応に白髪混じりの人はやはり貫禄もあるような気がします。

近年、とくにおしゃれに感度の高い中高年の間で、白髪染めを止めて「白髪をそのまま見せる」のが流行っているのだ。

最近では芸能界でも白髪が多いようですね。新垣結衣ちゃんは白髪の探偵役ですし、下町ロケットというドラマでも吉川晃司さんが白髪で演じてらっしゃいます。

白髪を染める派

髪を黒くすると気持ちが若返るんですよ。気の持ちようは大事で、仕事に対して意欲的になれるし、異性に対しても若々しさが必要です。

これも分かりますよね。髪の毛を切った後は妙にやる気が出たり新しい気持ちで頑張ることが出来たりしますし、そういう心境に似ているのかもしれません。

染めたほうがいい?染めないほうがいい?

白髪の格好よさというのが浸透してきているのかなと思います。とは言っても、それはある程度生えそろった白髪のことで、まばら白髪は汚い印象を与えがちです。

どうせいつかは生えてきてしまって元の黒髪に治すことはできない白髪。今はせっかくの黒髪を可能な限り維持できるようにして、黒髪を楽しんでおくのもよいのではないでしょうか。そのために白髪予防をしっかりしましょう。

白髪が生えてきた後は、まばら白髪のうちは根本から切るか、部分白髪染めなどを利用して上手く付き合っていくのがオススメです。

生えそろった白髪は、魅せるもよし、気分転換に染めるも良しですね。

参考ソース 中高年男の白髪「染める」か「染めない」か 両派の言い分は│NEWSポストセブン