白髪の原因は?

白髪の基礎知識
2015年11月4日
オススメ記事

白髪が増える直接的な原因は、髪を染めるメラニンがなくなるからです。

では、どうするとメラニンがなくなってしまうのでしょうか?

本

白髪の原因まとめ

原因をおさえて、上手に白髪予防をしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

なぜメラニンがなくなる?

白髪のメカニズムでも紹介していますが、メラニンは特定の幹細胞で作られます。そしてその幹細胞は、造血幹細胞に存在していますが、次に紹介する様々な要因でいなくなってしまいます。

メラニンがなくなる要因

加齢・老化

加齢と伴に、血液も老化していき代謝が悪くなってきます。メラニンが血液で作られることを踏まえると、除々にメラニンがなくなっても不思議ではありません。

加齢・老化による白髪は自然なこと

加齢・老化による白髪

加齢・老化による白髪は極々自然なことことです。

加齢・老化と白髪に関する記事はこちら

睡眠不足

睡眠中は臓器の働きを抑え、その分、脳へ酸素を運んでいます。脳は連続で働き続けると酸素が除々に少なくなってきます。

睡眠不足で白髪が…

睡眠不足で白髪が…

眠くなるとアクビをしますよね。酸素が少なくなってきた脳へ酸素を送るために出る現象なのだそうです。酸素は血液に乗って送られます。その血液の行き先が脳に集中してしまうことで、髪を賄う細胞にまで血液が巡りにくくなってしまうと言われています。

30分、深く眠るだけでも差が出てきます。

睡眠不足と白髪に関する記事はこちら

ストレス

ストレスを受けるとメラニンが減るという研究結果が出ています。メラニンを作っている細胞(メラトニン)は神経細胞によく似ていてストレスにとても弱いです。

ストレスで白髪が増える

ストレスで白髪が増える

さらには、ストレスによって自律神経が乱れ、血行不良が起きます。メラニンを作るに十分な血液が流れていないために白髪になりやすくなります。

ストレスはなるべく溜め込まないようにしましょう。

ストレスと白髪に関する記事はこちら

紫外線

紫外線を浴びた細胞のDNAは少なからず傷つきます。頭皮に紫外線をあびてしまうと、毛根部分の細胞が持つDNAが傷つき、メラニンが正常に生成されなくなり白髪が増えやすくなります。

紫外線で白髪は増える

紫外線で白髪は増える

日頃から日差しの強い日は帽子や日傘を利用するなどするといいですね。男性には、頭皮用の日焼け止めをおすすめします。スプレータイプであれば、ビジネススタイルに影響もしませんので是非利用してみてください。

紫外線と白髪に関する記事はこちら

タバコ

タバコを吸うと、クラクラッ・・・となりますよね。あれは毛細血管が収縮し、血液の流れが悪くなるために起きます。タバコを吸っていると慢性的にこの毛細血管の収縮が起きてしまい、常に血行不良になってしまいます。また抗酸化物質の作用を相殺してしまうので、白髪だけでなく体に良くないのは知られています。

タバコで白髪…

タバコで白髪…

また、タバコの煙も白髪になりやすい頭皮を作ります。煙による汚れや、乾燥が外から毛根を傷つける要因になると考えられています。

一方お酒による白髪への影響というのは少ないと思ってよいです。アルコールの適度な摂取は、血行促進にもなります。勿論飲み過ぎは良くないです。

タバコと白髪に関する記事はこちら

栄養不足

メラニンを作るためには栄養が必要です。栄養不足の状態になると、髪よりも他の重要な生命活動に栄養素が優先的に使われることになります。

バランスの良い食事を

バランスの良い食事を

体中が栄養不足にならないように、バランスのよい食事を心がけて下さい。

栄養不足と白髪に関する記事はこちら