どうして白髪が生えてくるんだろう?と思ったことはありませんか?

鏡を見ていると今までなかった場所に白い毛が生えているのを見つけると、ヒヤッとしますね。初めて見つけた時は大変ショックを受ける場合が多いようです。

しかし白髪は老化現象として自然なことなので、全く生えない人はいません。
自分が歳を重ねて来た証拠なのです。

では、どうして老化と共に白髪が増えるのでしょうか?
そして、どうして若いのに白髪が生える人もいるのでしょうか?

白髪のメカニズムをご紹介します。
メカニズムを知ると、対策も見つかりますね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

髪の毛の色は何で決まる?

髪の毛の色は、私達日本人に多い黒髪をはじめとして、金髪、栗毛、赤毛・・・その中でも色が薄かったり濃かったり色々な色があります。

人の体の色はメラニン色素によって作られます。

メラニン色素には、ユーメラニン色素フェオメラニン色素という2つの色素があり、ユーメラニン色素が多いと濃く暗い印象の色になります。一方で、フェオメラニン色素が多いと赤く薄い印象になっていきます。

日本人をはじめとしたモンゴロイドには、ユーメラニン色素が多く黒髪が一般的です。

この2つのメラニン色素が髪の毛を着色しています。

メラニン色素の割合はいつ決まる?

それぞれが持つメラニン色素の割合、つまり髪の色は遺伝によるものです。

ですが、「生理が始まった頃から髪の毛が茶色くなってきた」「出産したら髪が太く黒くなった」と後天的に変わったという話もあります。

これは、メラニン色素が生成されるメカニズムによるもので、生まれ持ったメラニン色素の割合は変わることはありません。

 

髪が白くなるのはメラニン色素がいなくなるから

髪は毛根のメラニン色素によって着色されますが、このメラニン色素は様々な原因で毛根からいなくなってしまいます。一番メジャーな原因は「老化」です。

毛根でメラニン色素が作られなくなると、髪を着色できるメラニンが減っていきます。その毛根から生える髪は、黒から茶色へとだんだん薄い色になっていき最後は着色されていない白髪の状態になります。

毛根から真っ白な毛は、もうその毛根にメラニン色素がないことを意味しています。

メラニンがなくなるとは?

メラニンを作っている細胞(幹細胞)は、ある造血幹細胞の中にいます。しかもこの幹細胞は、その特定の造血幹細胞の中にしかいることができません。しかし何らかの原因(ストレスや加齢)によって移動してしまうことがあります。

移動した幹細胞は生きていくことが出来ず死んでしまい、メラニンが生成されなくなってしまいます。しかもこの幹細胞は戻ってくることはないと言われています。

つまり、残念なことに、一度白髪になってしまった髪は元に戻すことはできないのが科学的な事実です。

※この記事の作成時に改めて白髪からの回復を調べた所、ある抗ガン剤投与によって白髪が回復したという報告もあるそうです。医学の発展に期待ですね!

メラニンは血液で作られる

メラニンを作る幹細胞が造血幹細胞の中にいるということは、血液が大きく関係しています。造血幹細胞とは、血液を作っている細胞です。

血液の質を高くしたり、血流をよくしたりすることで、メラニンを作っている幹細胞がいなくなることを阻止し、白髪をこれ以上増やさないようにすることができます。